鍵が故障してしまったときの話

ある日、仕事が終わってドアをあけようとしたのですが、鍵がまわりませんでした。
まだ寒い日だったのでその場に立ち尽くしてしまう始末、早く自宅に入りたい一心だったのです。
ドアが故障をするなんて聞いたことはありませんでしたが、確かに鍵穴がおかしいのです。
そういえば前から異音がしていたり、まわりにくかったりすることもあったので、故障をしてしまったのでしょう。
管理会社に一応連絡の電話を入れようにも時間が夜遅かったので誰も出てはくれませんでした。
自宅に入らなければお風呂にも入れず、明日の仕事の準備をすることもできません。
焦った私はスマートフォンを取り出して鍵屋さんを検索、その場で電話をしました。
鍵屋さんはすぐに駆けつけてくれて、私の部屋を解錠できたんですよね。
とりあえず開けばなんとかなると考えていましたが、明日のことも考えて鍵作成してもらいました。
料金も夜間に対応してくれたことを考えれば安く、逆にもっとかかってもよかったぐらいだと思っています。
少なくとも玄関先で立ち尽くして朝を迎えるよりよほどよかったので、お礼の気持ちとしてあたたかい飲み物も一緒に手渡しました。
親切に対応をしてくれた鍵屋さんには本当に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です