引き戸に鍵をつける

家族と一緒に住んでいますが、自室に鍵がありません。
私の部屋は一応あるのですが、どうしても家族が急に入ってくることが苦痛でした。思春期の時から無神経な親にはさんざん嫌な思いをしてきたので、余計に引き戸に錠をかけたかったのです。

しかし、自分で引き戸に錠をする技術もなかったので、もはや弱気に諦め気味でした。早く自立することが大事だとわかっていてもまだ成人するまでに数年かかります。経済的に親に頼っている状況ではいけないと思い、アルバイトを始めました。

鍵屋さんにお願いをすることができれば引き戸にきちんと錠をかけられると思いついたのもあります。それからというもの、少しずつアルバイトでお金を貯めて、家にもお金を入れるようにしてきました。
親の機嫌を取ることで自由を手に入れるためだという考えがあったんです。そして、ある程度お金が貯まってから親に了承を取った上で、鍵屋さんに依頼をしたんです。
安く作業してくれる鍵屋さんをインターネットで見つけて依頼をするまでにそう時間はかかりませんでした。
もちろん作業自体も非常にスピーディーで頼りになりました。こうして自室に鍵をつけることができて、非常に快適に生活しているのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です