補助錠をつける

家のセキュリティーを高めるためには補助錠を付けるのが効果的です。泥棒は鍵を開けたり壊したりして侵入しますが、鍵を破る手間や時間がかかると認識すれば侵入を諦める場合があります。二つ以上の別の種類の鍵を取り付けることはワンドア・ツーロックと呼ばれ、防犯対策の方法として知られています。
補助錠には様々なタイプがあり、ドアや壁に穴を開けずに簡単に取り付けられるものもありますので、賃貸物件にお住いの方でも取り付け可能です。戸建ての場合は特に玄関だけでなく、勝手口や窓からの侵入が多いので、こちらも防犯対策が必要です。ところで折角補助錠をつけても、面倒だからと使用しないのでは意味がありません。

ICチップ式は解錠が簡単でかけ忘れ防止にも強いというメリットがあります。鍵の特徴や利便性なども考慮して自宅に合った商品を選ぶとよいでしょう。
被害に遭わないためには、こまめに施錠する意識を持つことが大切です。オートロックのマンションは共用ドアのセキュリティーは厳しく管理されていますが、そこを通過すると個別のドアは外から見えにくく被害に遭いやすいと言われています。ゴミ出しなどたとえ少しの間でも油断せずに施錠する習慣をつけておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です